小屋裏スペースを考える


※写真は今回の見学会のお家とは異なります








昨年は非常に平屋の案件が多く、理由はやっぱり

ワンフロアで完結する生活スタイルをしたいという意見から



確かに将来あまり二階は使われなくなることも多いしね



もちろん平屋を考えるには敷地の広さも必要になってくる



そしてそんな平屋需要があると同時に

小屋裏利用を考える人も多い



小屋裏というのは名前の通り、天井の上にあたる部分だけど、そこを収納にしたり、書斎にしたり、

子供たちの遊び場にしたりするわけだ




利点としてはもともと存在しているスペースを有効活用することで、同じ広さを横に伸ばしていくより、

なによりコストパフォーマンスが良い




注意がいるとしたら、そこへいくまでのアプローチ方法は、できれば梯子ではなくて、階段をお勧めする

梯子の場合と階段では利用のし易さが大きく変わる為、その分使用頻度も全く変わる




あともう一つは、基本的に小屋裏の天井高は1.4m以下のものをいい、且つ下階の面積の1/2以下までは

面積の算入に入らない

↑(これテストにでます)



ここでいう面積算入に入らない=建築確認、登記、固定資産税の計算面積にも入らない(固定資産税だけをいえば、

あと10㎝程度高くても良いが、その他との関係を考えると1.4m以下にすることがベター)為、

税金面の優遇も受けれるということ



もともと存在するスペースの有効活用を省コストで使用できるお得な小屋裏空間



もひとつ、1.4m以下は基本的に立てないので、そのスペースでしっかり活動したい人は、面積算入になったとしても

(ついては二階建て扱いになる)1.4m以上で空間をつくることをお勧めする

(それでも建築コストは落ちるので)



いま開催中の八町西の家も、小屋裏利用を行っているので、興味のある人は

そちらも合わせて是非、ご確認してみてください




ハウスコム篠宮






​物 件 名

お問い合わせ内容

お 名 前

フ  リ  ガ  ナ

メールアドレス

ご 住 所

お 電 話 番 号

お問い合わせ内容

個人情報について

個人情報の取り扱いについて同意をお願いします

確認画面は表示されません。上記内容にてよろしければ送信してください。