※その人にあった予算について






昨日のブログの途中に書いた ※その人にあった予算について


家を建てる上で最も重要な予算計画


一般的に家を建てる場合に必要なお金として


・建物代金

・土地代金(購入の場合) ・お庭の工事代

・家具・家電・引っ越し代・tvアンテナ・カーテンなど


・諸費用(←ひとまとめにしているけどめっちゃ多い)

 仲介手数料(土地購入の場合)

 登記費用

 火災保険

 住宅ローン(手数料や保証料)

 印紙代

 地鎮祭

 ・

 ・

 ・


選択の仕方により前後はあるにしろ、諸費用だけでも200万円くらいいる場合もある


ということで、家と土地以外に、ほぼ固定費といえるものだけでも

200万円以上が必ずと言っていいほど必要となります



あとは貯金をいくら投入するか(最近はゼロも増えています)




そこで、単純に予算計画を行っていくと


例) 建物+土地+庭+家電+諸費用

① 2000万円+1000万円+100万円+100万円+200万円=3400万円


② 1800万円+800万円+100万円+100万円+200万円=3000万円


基本的に、金額が調整できるのは、建物と土地の部分だけだということがわかります



そこに例えば、貯金を200万円投入した場合、単純にその残りが住宅ローンの金額になるわけ



あとは、月々家賃並みの支払いでとか、家賃に+2万円までとか...


といった感じで計算しながら予算計画を立てていくのが多いかな




で、本題はここからで、お客様に予算計画の質問をさせて頂いたとき、


明確な家計の計算をされていなくて、何となくの希望金額(それも少なめ)を


お伝え頂くケースがほとんどではないかなとおもう



その心理は僕も同じだけど、できるなら安い方が良いし、最大限で伝えたら、余裕なくなるかもしれないし、

家づくりってあとから増えるんでしょ?だから低めに言っておかなくちゃって思ったり


気持ちはわかります


ただ、ここからは難しいのだけど、あまりにも余裕を見すぎた予算計画をお伝えしてしまうと、


そこを調整できるのは建物代金と土地代金だけなので、


希望に添わない提案を受けることになったり(まだ建てる前だからマシ)、


いっけん希望に添っているけど、性能が満たされていなかったり(これあとから直せないのでやばい)、


そもそも思い通りの家じゃなかったり、あとから余計にメンテナンスコストがかかったり、


新築なのに光熱費がかかったりしてしまうことがあったりして


非常に注意が必要



私たちご提案する立場からすると、なるべくお客様のご希望の予算内でのご提案に


努めたいと思っているけど、この部分の、その人に本当にあった予算計画についての


コミュニケーションがしっかりできていないと、


あとからお金がかかったり、


逆に月々の支払いが大変だったりが起こってしまうので


注意が必要だとおもう



家計のことなので最終的にはご家族での判断になるけど、


予算計画も含めての家づくりなので


その点もお気軽にご相談してもらいたいなっておもいます



ハウスコム篠宮








 


​物 件 名

お問い合わせ内容

お 名 前

フ  リ  ガ  ナ

メールアドレス

ご 住 所

お 電 話 番 号

お問い合わせ内容

個人情報について

個人情報の取り扱いについて同意をお願いします

確認画面は表示されません。上記内容にてよろしければ送信してください。